『武田 州左 展』の展示風景をお届けします。

7/10から開催しております、
~ほとばしる生命の鼓動~ 『武田 州左 展』の設営時の模様をお届けします。

 7月9日の夜は、武田先生自らも飾りつけの作業に立ち会ってくださり、4m70cm幅の作品、200号×2点をはじめ、新作のスクエアサイズの小品24点を含む計約40点の展示作品全てのレイアウト、取り付けにご協力いただきました。作家自らのコンセプトがダイレクトに反映された展示が叶ったおかげで、素晴らしい空間が生まれました。

 大作は、昨年上野の森美術館(日経日本画大賞展入選作品展)や都美術館(創画展)でも展示風景をご覧になられた方も多いと思いますが、大きな美術館で見るような距離感を取れない反面、間近で体全体で体感することで、作品に包み込まれるような体験をお楽しみいただけるのではないでしょうか。

7/23(土)は作家が来場いたします。(午後1時から5時まで)
皆様のお越しをお待ちしております。


武田 州左 展 2016_01

写真右 《風ノ門》 176.6×468cm (2015日経日本画大賞展入選作)


武田 州左 展 2016_02


武田 州左 展 2016_03


武田 州左 展 2016_04


武田 州左 展 2016_05


武田 州左 展 2016_06


武田 州左 展 2016_07

《天光る》 F200 (2015年 第42回創画展出品作)


武田 州左 展 2016_08


武田 州左 展 2016_09


武田 州左 展 2016_10

《風ノ門》 176.6×468cm (2015日経日本画大賞展入選作)





武田 州左(たけだ くにさ) Profile: ●1962 東京都生れ / 1985多摩美術大学日本画 卒業 / 1992 平成4年度文化庁芸術家インターンシップ研修員 / 1998 第9回五島記念文化財団美術新人賞受賞 / 創画会会員 多摩美術大学日本画教授









スポンサーサイト